west53rd日本閣(ウエスト・フィフティサード)

Oct 10, 2009ウェディングレポート

west53rdでこだわりの結婚式を挙げられたおふたりの「シアワセ」なエピソードをご紹介しています。これから結婚されるカップルへのアドバイスも頂戴していますので、ご参考にしてください。

Oct 10, 2009 Michinari & Chiaki

Q1.挙式後の今のお気持ちは?

A. 交際期間=結婚式の準備期間というくらい、あっという間に結婚を決めた私たち。準備そのものが交際時の大切な思い出となりました。週末にwest53rd日本閣へ行き、帰りにお茶をしたり買い物をしたりしていたのが王道のデートコース。愛に包まれて、愛でおめかしをして、感謝の気持ちを伝えられたこと、本当に有難く、幸せです。今も、そしてこれからもずっと私たちを支えてくれる大切な大切な一日になりました。

Q2.west53rdに決めた理由は?

A. 実はひとめぼれで他を見学することなく即決してしまいました。最上階の独立型のチャペル、1フロア1ルームのパーティースペース、専用ブライズルーム。Here,the happiness of two people becomes an art work.(ここで二人のシアワセは作品になる。)のとおり、豊富なノウハウ、アレンジの自由度、両方の利点を兼ね備えた素敵な式場でした。

Q3.ウェディングテーマは?

A. ひとりではできないものが結婚だとすれば、ふたりだけではできないものが結婚式。ゲストの皆さん全員に「ありがとう」の気持ちが伝わるように、おもてなしのこころを意識しました。みなさんに寛いで頂くために、敢えて特定の方に余興をお願いせず、二人が自ら各卓を回っておひとりおひとりにきちんとお礼の気持ちを伝えたり、記念写真を撮ったり、プロフィールの紹介をしたり。アットホームな雰囲気になりました。

Q4.こだわりのポイントは?

A. おもてなしのこころを表現するために、手作りに拘りました。ウェルカムボードやドール、は手作りし、パウダールームにもフェルトのウェルカムケーキを置いて。ふたりで何度も作りなおしたペーパーアイテム、席札には各々メッセージを書き、ドレスとお揃いのお花のコサージュをゲストの皆さんに付けていただきました。私たちだけではなく、あの日お招きした方々の思い出にも残していただけたなら、幸せです。

Q5.ゲストからのお声は?

A. 「二人の気持ちがいっぱい詰まった素敵な披露宴でとてもよかった」というお声や「新郎新婦を近くに感じられる温かい気持ちになれる素敵な披露宴でした」というお声を頂きました。また「料理がとても美味しかった」「料理を乗せているお皿が素敵でした」というお声も頂き、ゲストの方々が心もお腹も温かくなってくださったことがとても嬉しかったです。

Q6.スタッフの対応は?

A. 半年以上前から親身になって、私たちの挙式を作り上げていってくれた担当プランナーさん。披露宴を手作りで出来るところはとことん手作りにとこだわり過ぎて悩んでいた私たちでしたが、打ち合わせでプランナーさんに会う度に元気をもらっていました。メールや電話でも気軽に相談に乗ってもらえて、分からないことだらけの不安な時期も安心してお任せできました。挙式当日も万全のサポートで、とても楽しく式ができました。

Q7.これから挙式するカップルへのアドバイスは?

A. 結婚準備というと、たくさんの期待と同じくらい、不安もいっぱいの期間のはず。でも、「最幸の一日」を想像して、幸せに過ごせたら素敵ですよね。プランナーさんの笑顔にお会いするたびに、勇気づけられ夢でいっぱいに胸をふくらませたあの日々は、当日は勿論ですがかけがえのない大切な思い出です。これからもたくさんの方々の幸せのスタートラインでありますように。

会場見学ご希望のお客様
0120-954-523
ご成約済・ご列席のお客様
03-3367-2222

火曜定休 10:00~20:00